はじめに


 賃金上昇を見込めず、終わりの見えない 低金利 を続けるこの国...


 反して、増税と無謀なインフレターゲットにより、いま実質金利はマイナス3%を超えている...


 日々目減りし続ける 預貯金/資産価値 に気付いた人から順に、資産運用に取り組みだした...


 皆が 投資家になる ことを求められている...




 しかし、これまでの投資先や手法に、もう旨味はない...


 経済成長時の事業投資や、地価株価の右肩上がり神話は崩れ去って久しい...


 外貨預金ではもう、円キャリートレード全盛時のようには資産を殖やすことはできないであろう...


 一見プロっぽい 投資ファンド に大切なお金を預けて痛い目をみたことも...


 海外不動産に、値上がり益と20%を超える利回りを夢みたが、結果は自身の 無知と無学 を嘆くばかり...




 ようやく他人に預けることが最大のリスクであることを悟り、心機一転トレーダーを目指すも、
予測不可能な相場の値動きに翻弄され、その困難さに打ちひしがれた...



 そして EAポートフォリオ運用 に至った...

資産運用をはじめる

終わりの見えないゼロ金利時代が続いていることで、「投資を始めてみよう」という人が少しずつ増えてきました。

しかし、言うまでもなく、投資で利益をあげようということは、簡単なことではありません。
ましてやリターンを求めるのであれば、必ずそれ相応のリスクを負うことを肝に命じておく必要があります。

リターンしか想定せずに始めてしまうと、あっという間に元本を失ってしまうでしょう。
そして、それは単に知識不足が招いた結果であるにもかかわらず、損をした時に人は「騙された」という言葉が口をついて出てしまうのです。


相場(マーケット)のルールすら理解せずに参加することは、既にマーケットに参加している先人達からすれば、単に「カモが増えた」と歓迎するだけのことです。

投資商品は、その運用成績ではなく、リスクを知ってから取り組むべきなのですから。


これまでの様々な投資先と手法におけるリスクとデメリットについて共通していることは、
他人(ひと)に預けることこそが最大のリスクであるということかもしれません。


今回の提案は、少額からでもスタートでき、しかも自分自身の口座内で、
ローリスクであるにも関わらず、十分なリターンを期待できる
近未来のスタンダードとなりうる可能性を秘めた資産運用の方法です。

MT4 EA ポートフォリオ

本ページのタイトルでもある「近未来のスタンダード運用戦略、MT4 EA ポートフォリオ」とは何なのか。

一言でいうと、知識や経験、原資の多寡に係わらず、誰もが取り組める究極の運用方法となります。

まずここまで度々登場する言葉、EA(=ExpertAdvisor)とは、自動売買ソフトの略称と憶えてください。

具体的には、自動売買ソフト(=EA)をコンピュータにセットすることにより、後は過去の相場値動きのデータに裏付けられ、プログラミングされた売買ルールに従って、昼夜を問わず、自動で取引を続けてくれるものです。

これを「近未来のスタンダード」としたのは、この方法と環境が確立されるために、インターネット(ブロードバンド)の普及と、コンピュータやスマートフォンの進化が必須であったためです。

EAポートフォリオ運用における最大の特長は、自身の口座でEAを稼働(=プロトレーダーを雇用)することにより、リアルタイムでの口座確認が可能となるため、詐欺や最悪の持ち逃げリスクを完全に無くした点にあります。

数年前まで大手投資銀行でのみ活用されてきた自動売買が、ようやく一般投資家が使えるレベルにまで降りてきたということです。

優秀なEAは、近年では熟練のプロトレーダー(ディーラー)を凌ぐレベルにまで進化しており、これは、まさに夢のツールと言えるのではないでしょうか。

低リスクでフェアな相場

投資には様々なリスクが存在します。

流動性リスクの低い(= 流動性が高い)マーケットにおいて、経験(プロとアマ)の差が出にくいということは、公知の事実です。

流動性リスクとは、そのマーケットの規模に比例します。

ここでご紹介の為替マーケットは、未来永劫すべてのマーケットの中で、最も大きな規模のものとなります。

ちなみに世界第2位のマーケットであるNY証券取引所が、1日に1000億ドル前後の売買高であるのに対して、
為替マーケットはその50倍と、桁違いの規模を誇ります。

このことから売買オーダーが約定し易いという点で、マーケットは大きければ大きいほど安全で公平な相場であると言えます。

しかし、マーケット規模が巨大であるということは、言い換えれば参加者が多いということであり、その分値動きが複雑になります。

これが、これまでは流動性リスクが低く公平な為替マーケットへの、個人投資家達の参入障壁となって来ました。

我々の提案する「MT4 EA ポートフォリオ」運用戦略とは、
このマーケットに主眼をおいて展開するものであり、

人間では時間的にも精神的にも到底不可能な理にかなったトレードを、ロボットトレーダー(=EA)に行わせることにより、効率的にかつ安定的なパフォーマンスの獲得を目指すものです。

豊かさを手に入れるために

あなたご自身とご家族の将来の笑顔のために我々が出来ることは何か。

豊かさや価値観は、人それぞれ異なりますが、資産を殖やし守るということは、すべての人に共通のひとつの目的なのではないでしょうか?

我々株式会社トリロジーは、「EAレンタル会員」という投資顧問契約をもって、それらを実現させるお手伝いをすることができます。
具体的には、10年以上にも渡る過去テストに裏打ちされた、ロボットトレーダーを雇うという資産形成の方法と考え方をご提供する準備があります。

もしあなたご自身が、自らの力だけで為替マーケットに挑戦するとしたら、
それは地図やコンパスを持たずに航海に出るようなものです。
そこに存在する恣意的な値動きと、強大な力を持つ機関投資家等による意図的な値動きに翻弄され、あっさりと遭難してしまうことでしょう。
これは経験のある投資家であれば、誰もが容易に想像できる結末です。
甘い世界ではなく、長い目で見てそれが豊かさに繋がることはありません。

世界経済の波に乗るため、新しいEAポートフォリオという分散投資の手法を携えて、10年、20年といった長期視点での運用にチャレンジしてみませんか?

我々により選ばれたEAをフル活用して、賢い資産形成をして行きましょう。
初心者の方であれば、あなたの投資家への第一歩をお手伝い致します。
弊社EAレンタル会員へご参加ください。スタッフ一同心よりお待ちいたしております。





過去の投資手法とその問題点

外貨預金・株式投資・不動産投資・投資信託・自己取引


外貨預金や株式投資

為替マーケットを用いた運用方法で最もポピュラーなものは外貨預金ですが、これはFXが普及した今ではもう過去の遺物であると言っても過言ではありません。
現物とポジションの違いはありますが、取引により利益を得るという点で単純比較すれば、どちらが優れているのかはもう一目瞭然。
未だに改善されない法外な取引手数料と、その国の政策金利から少ない方向に乖離した金利には、もはや何の魅力も感じません。

対して投資と聞いて真っ先に思い浮かぶのは株式投資なのではないでしょうか。
しかし、頻繁に取引するのであれば、株ほど不公平なものはありません。
インサイダー情報による取引などは論外ですが、そのマーケットでは仕手筋(してすじ)が圧倒的に有利であり、機関投資家など大資本に翻弄されることも日常茶飯事です。
取引時間もマチマチ、一時期もてはやされた新規公開株(IPO)などは不公平の塊なのではないでしょうか。

株式投資は、その企業の将来性を鑑み、応援の意味での保有、値上がり益を狙う長期投資が基本です。にも関わらず近年では、上場をゴールに粉飾する企業も散見する始末です。
これら不確定要素が大きく、国内企業にはもうその力はないと言えます。
従って、積極的・安定的資産運用にはまるで向いていないと考えています。

もし、それでも株をはじめるのであれば、“安定的リターン”利回り目標は、株式投資のリスクプレミアムである8%程度に設定するのが一つの目安になるでしょう。インフレ率2%が実現すると考えている方は、さらにインフレ率を加えて10%を目標にされるといいのかもしれません。
最後に、最近売り込みCMをよく見るNISA(少額投資非課税制度)ですが、毎年100万円までの運用益に対する税金が必要ないというのは、例えば20%運用できたとして4万円が非課税になるというもので、これに魅力を感じる投資家は少ないでしょう。

価格上昇を期待できるの?

価格の上昇を期待できるのであれば、不動産投資は大変魅力的であると思います。

アパートやマンション経営を不動産投資と呼んだ時代もあったようだが、ハッキリ言って先進国の不動産にもうその魅力はなさそうです。

年利が50%以上もまわった話や、短期転売を繰り返すことでの倍々ゲーム、地上げにより価値を大きく吊り上げたのはもうすでに伝説となりつつあります。

今は利回りが10%もあればかなりの優良物件であり、そこに目をつけた悪質な業者が、相続税対策に土地所有のお年寄りからお金を騙し取ったという類のニュースをよく耳にします。

不景気により自己破産した中古物件を安く買い叩き、破格の値段で取得、再生するビジネスもあるようですが、元々その不動産自体が不良物件であり、人口減少社会にあってあり余る物件を押しのけて入居者を捜すのはかなりの難事業であると言えるのではないでしょうか。

もし、10%でまわったとしてもメンテナンスや固定資産税、寿命の短いその物件の解体費を考えれば、おいしい投資とは言えません。これはREITも同じです。

もし、キレイな人口ピラミッドを有する新興国に不動産を保有でき、海外不動産の管理方法が確立されているのであれば、50年前の日本と同じようにかなりの収益を期待できると思いますが、その国の政策に大きく左右されることが懸念材料でしょう。

流動性リスクが大き過ぎる、現金化が難しいという点は、すべての不動産投資に共通する欠点であることは言うまでもありません。

世界の上位ファンドの実情

単年、数年の成功以外、長期にわたって投資信託(ファンド)で運用成績をあげている投資家に、お目にかかったことがありません。
理由は長期にわたって成績を上げている投資信託がないことに尽きます。

一流のヘッジファンドでも、目標利回り15%以上を掲げているところなどは存在しないというのを聞いたことがあります。

リーマンショック以降の数年にわたる株価回復局面において、大半のヘッジファンドが単なる株式インデックスのパフォーマンスを大きく下回っていることも付け加えておきます。

つまりどれほどの百戦錬磨、プロのエリート投資集団であろうと、投資は運の要素が強く、人間がコントロールできない様々なマクロ環境やその他突発的要素に左右されるということなのです。

集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行いますが、
投資信託の運用成績は市場環境、取引責任者の実力などに大きく左右され、これによって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。
手数料も比較的高く、途中解約も難しいものが多いのも、お勧めしない理由のひとつです。

不透明なモノにお金を預けるデメリットを今一度考えるべきです。たいした運用成績でもないのですから。

以下は、各年度における最も高いリターンを出したヘッジファンドのランキングです。

・ 2011年 http://tinyurl.com/pdtnt7x
・ 2012年 http://tinyurl.com/azcouba
・ 2013年 http://tinyurl.com/p4wpvtc
・ 2014年 http://tinyurl.com/o3abgnq
・ 2015年 http://tinyurl.com/h8c5bzm

年利20%も出すことができれば、ほぼ毎年ベスト10に入るということです。

トレーダーを目指す愚行

高いレバレッジを魅力に普及したFXで、にわかトレーダーが多く輩出されましたが、その大多数は短期間のうちに消えてしまいました。

相場は常に不確定なもの。
短期間の過去検証で通用するほど甘い世界ではありません。

中には納税義務を怠り、多額の借金を抱えてしまったケースも報道されています。

よほど優秀なトレーダー以外ほとんどのトレーダーが、長期運用で考えれば自動売買プログラム(= EA)に勝つことは出来ないであろうと考えています。

その大きな理由のひとつは、人間には感情があり自動売買プログラムにはそれが無いということです。
また不眠不休で、売買ルールに背くことなく、確実にトレードを実行してます。

昔は、資産家が金融機関を引退したディーラー(=トレーダー)を雇い、運用させるということもあったようですが、
この場合当然、運用益がトレーダーの人件費を上回る必要がありますので、かなりの原資とパフォーマンスを必要としたであろうと想像します。

対してEAは、通常初期費用のみで未来永劫しかも24h働き続けます。

運用成績も高くランニングコストも比較にならないほど安価です。

自らの売買ルールを確立し、人間的な感情を制御することで、負けが続いているときにもそれを愚直に守り続けることができる、そんな人だけがトレーダーで稼ぎ続けることができるのではないでしょうか。

それができそうもないのであれば、トレーダーは早々に諦め、EA運用に切り替えることを強くオススメします。

Trilogyの提供する「EAレンタル会員」には、
投資顧問契約 が必要となります。

MT4 EA ポートフォリオの欠点

EAの選別/VPSの設定/リスク管理/安定稼働

EAを用いた運用にも、もちろん欠点があります。

①MT4優良業者の選別と口座開設 / ②VPS(=仮想専用サーバ)を準備 / ③使用するEAの選別 / ④VPSへMT4とEAを設置 / ⑤日々の安定稼働を確認

これらEAポートフォリオ実現に必要な設定自体の難易度が、最大の欠点となります。 大切な資金を預ける業者について、その信用リスクと約定力を十分に調査する必要があります。またEAの選別には、それぞれストラテジーレポートを読み解く必要があり、専門家に頼らざるをえません。EAはトレーダーに等しいので、見誤るとEAポートフォリオ運用の根底から崩れてしまうため、最も注意すべき点となります。

フェアでシンプルなサービス

弊社EAの貸し出しにより運用していただけます。初期費用不要。
成功報酬型の投資顧問契約ですので、お気軽に申し込みください。
画像をアップロード

最先端の技術

FinTech
ロボットによる自動売買と、

IT技術を駆使した金融サービスを、

ご自身の口座内で実現します。
画像をアップロード

初期費用はゼロ

IntialCost
お客様の取引口座に、

弊社複数EAの貸し出すことにより、

ポートフォリオ運用のアドバイスを行います。
画像をアップロード

リスク管理も自在

RiskManagement
ご自宅のPCやご自身のモバイル端末で、

運用口座のリアルタイムモニター、

管理ができる環境を構築いたします。
画像をアップロード

最低額等の契約条件

Contract
最低元本50万円から始められ、

半年毎の契約期間内運用率が0%以下の場合、

成功報酬は発生しませんのでご安心ください。

ご利用の流れ

Step1
EAレンタルプラン利用における免責同意書に入力→返信
Step2
取引用MT4口座の開設→入金
Step3
24時間稼動のPC、またはVPSサーバーの準備
Step4
PCまたはVPSへEAをセットアップ



成功報酬 具体例

ex.1
元本100万円/半年で15%の運用益
 ⇒ 100万円 x 0.15 運用益は15万円です。
 ⇒ 15万円 x 0.8 税引後の運用益は12万円となります。 ※)運用益税率は20%です。
 ⇒ 12万円 x 0.35 成功報酬は半年間で4.2万円となります。
ex.2
元本500万円/半年で10%の運用益
 ⇒ 500万円 x 0.1 運用益は50万円です。
 ⇒ 50万円 x 0.8 税引後の運用益は40万円となります。
 ⇒ 40万円 x 0.3 成功報酬は半年間で12万円となります。
ex.3
元本100万円/半年で10%の運用損(-10%)
 ⇒ 100万円 x (-0.1) 運用損は10万円です。
 ⇒ 確定申告で損益通算手続きをします。
 ⇒ 成功報酬はゼロとなり、契約継続をご希望の場合、
   100万円元本回復後の利益のみ報酬対象となります。
ex.4
元本1億円/半年で5%の運用益
 ⇒ 1億円 x 0.05 運用益は500万円です。
 ⇒ 500万円 x 0.8 税引後の運用益は400万円となります。
 ⇒ 400万円 x 0.25 成功報酬は半年間で100万円となります。


EA(ロボットトレーダー)のご紹介

様々なテクニカル指標の分析を主体とした取引手法の注文を自動化した売買ソフト(=EA)です。

最後に

インフレや低金利により、何もしなければ年々資産は失われて行きます。
そのような時代にあって資産運用は必須と言えるのかもしれません。

ただし、リスクを取らずにリターンを求めることは不可能です。

リスクコントロールが比較的容易で、複利効果を享受しやすい、
MT4-EAポートフォリオ運用戦略(=EAレンタル会員)を、すべての投資家にご提案します。


長期のファンダメンタルズ運用の失敗にこそ、投資の難しさはあるのですが、
それがキャリアのある多くの投資家に、未だに認知されていないことが不思議でなりません。

MT4-EAポートフォリオ運用戦略にとっては、
例えば1ドル80円であろうが125円であろうが、そんなことは運用パフォーマンスには何ら関係ありません。

分散投資により、パフォーマンスを落とすことなく、リスクを低減することができるからです。
マーケット規模だけでなく、これも複利運用に適している理由のひとつです。


我々のさらなる進化を遂げたMT4-EAポートフォリオ運用戦略(=EAレンタル会員)を、皆さんにオススメします。

お気軽にご連絡ください。お待ちいたしております。